赤ちゃんの虫歯を予防するためにはどうしらたいい?

>

歯医者さんに行くタイミングは?

乳歯が生えてきたとき

小さい子が歯医者で治療を受けるというのは、誰でも自然にできることではなく、また、年齢が上がったことでできるものでもありません。歯医者に通うという経験の積み重ねで少しずつできるようになっていくものです。でも怖い場所として子どもに認識させたくありませんよね。
生後半年くらいで乳歯が生えはじめますが、生えたての乳歯は薄く歯質も弱いため虫歯になったら進行が早いですので、早期発見・予防が欠かせません。乳歯が生え始めたら通院のチャンスです。
離乳食が始まると歯みがきの習慣も必要です。生まれつき弱い歯だったり、早くから甘いものを飲み食べしている子は、すでに虫歯がある子もいます。
早めに赤ちゃんの歯の質などを知っておくと、これからのケアの方法を知ることもできますよ。

乳歯が生えそろったとき

歯が生える時期は個人差があります。たいていは1歳半から3歳くらいの間にすべての乳歯が揃いますので、一度生え揃ったタイミングで、歯医者へ行って赤ちゃんの口の中を見せに行くことを是非おすすめします。
歯の生え方や歯並びなど、これらはずっと付き合っていくものですので、もしも歯医者が虫歯の痛い治療しかしない場所、と認識されてしまうと歯医者を苦手・嫌いになったてしまいます。ですので少しでも早い時期から、虫歯にならないためチェックをする場所として認識できるようになるといいですよね。
ちなみにアメリカは予防歯科の先進国といわれますが、最初の歯が生えて半年以内、または1歳の誕生日までに最初の歯科受診をすすめているため、アメリカでは子どもの虫歯はほとんどないそうです。
歯医者は虫歯になってから行く所ではなく、虫歯にならない・しないために相談できる場所として、歯が生え揃ったら足を運んでみるのも良いと思います。


この記事をシェアする